歯科で美しく丈夫な歯にする|ティース健康維持協力隊

医科と歯科

看護師

金属アレルギーの患者さんは歯科で治療を受けるときに詰め物や矯正器具などでアレルギー反応を起こしてしまう可能性があります。そういった場合には、金属を使わない治療をすることが必要になります。歯科医院の中には、医科と歯科が連携して治療を進められるようになって施設があります。
金属アレルギーとわからずに銀歯や詰め物に金属を使っている場合には、皮膚炎や抜け毛、脱毛症などのトラブルが行なってしまいます。そうなっていると薄毛治療を行なっているクリニックに通っても原因が特定されない場合があります。そういったことが起こっているときには、歯が原因かもしれないと疑ってみることもいいでしょう。

金属アレルギーが引き起こしてしまう害として歯が溶けることや電流が発生すること、電磁波を集めるなどがあります。
歯を溶かしてしまうこととして歯に詰めている金属はイオン分解される作用が起こります。そうすることで体の中に金属が入り込み、金属アレルギーを引き起こしたり、臓器に蓄積されて体に悪い影響を起こしてしまうのです。次に電流ですが、金属が溶けるときに電子を放出することで電流が起こります。口腔内電流と言われており、自律神経を乱したり、いろいろな症状が出たりします。最後に電磁波を集めることですが、最近では多くの電子機器や携帯電話を使うことが多くなります。そのため、歯の中にある金属がアンテナの代わりになり、電磁波を集めてしまっているのです。そういった電磁波は体に悪影響をもたらします。
こういった障害があるので歯科と医科が連携している医院を利用して治療を行ないましょう。